家で熱中症!?室温上昇は換気も原因の一つ?熱交換型換気システムで快適温度を

こんにちは!パッシブエネルギージャパン株式会社です。

涼しかった先週とは変わり、ジメジメと蒸し暑い日が続いております。

いかがお過ごしでしょうか。

毎年夏と言えば猛暑か?冷夏か?と話題になりますが、今年は猛暑の予報ですね。

気温や湿度の高い環境は熱中症になりやすいですが、意外にも熱中症で救急搬送される場所の1位は家です。(環境省HP参考)

特に最近になって「住まいの温度と健康との関係」が明らかになり、いかに「部屋の温度を適切に保つか」ということが健康にも直結する大切なことであると注目されています。

弊社は、その問題が注目される前から、日本の四季を考え高温多湿の夏や寒い冬も、年中快適に暮らしていただけるよう「せせらぎ®」を開発してまいりました。

お陰様で採用されたお客様から、「夏や冬でも窓の開閉をしない中で、常に新鮮な空気と温熱環境が一定で快適です!」とうれしいお声もいただいております。

是非!「せせらぎ®」で快適な住まいを実現してください♪

「せせらぎ®」で快適ゾーンに暮らす

温湿度の環境により、身体に与える影響は下の図のように様々あります。

湿度の高い空気が「せせらぎ®」の蓄熱素子を通ると、 空気に含んだ湿気は蓄熱素子の表面に吸着されます。

反転の直後は湿気の吸着力が高いですが、 しばらく時間がたつと湿気の吸着能力が軽減します。

その特性を利用して反転時間の変更により住宅内の湿度を調整することが出来ます。

湿度センサーにより反転時間を15秒~140秒の間隔で調整し室内の湿度を制御します。

そのおかげで、常にクリーンな空気を循環させ、すごしやすい環境(快適ゾーン)を維持します。

【熱交換の心臓部】六角ハニカム型 高性能蓄熱エレメント

「 HEXAGLOT®」は高性能な酸化セラミックAl₂O₃ -SiO₂による多孔質結晶で角形のハニカム状に成型されています。

急速・高効率で空気中の熱を吸収して蓄熱することができ、熱交換の心臓部と言えるはたらきを担っています。

冷気と暖気を交互に通すと、その空気のほとんどの熱がリカバリーされます

ハニカム型により表面体積比率が自然界の最大比率になり、熱交換効率93%を発揮 

空気抵抗も減少し、「 せせらぎHEXAGLOT®」とガウスファン®03を組合せることで、風量8 0 m3/hが達成されます。


※「せせらぎ」自体の風量は80㎥ですが、給気と排気を繰返していますので、性能値表示は半分の40㎥になります。

熱交換換気による冷暖房効果の比較と空気中の湿度の比較

◆ショールームご予約受付中★

ショールームが完成し、お陰様で皆様からご好評いただいております!

建物は、高気密高断熱にこだわり、開口部は特注の3枚復層ガラス!

せせらぎの性能を思う存分ご体感いただけます。

日々よいものを探求し、新商品も開発中です!

スタッフが笑顔でお迎えいたしますので、ぜひご来店ください♪

※コロナ対策のため、見学には事前予約が必要です。
ご来店の際は下記のいずれかでご予約ください!お待ちしております^^
MAIL  info@passivenergie.co.jp
TEL      03-6433-2831 
FAX      03-6433-2839 

私達がお待ちしております!ぜひ、ご来店ください♪

よい住宅にはよい換気を・・「せせらぎ®」で快適にお過ごしください♪