-人も家も呼吸する-今こそ換気の重要性を考えよう! 「せせらぎ」でクリーンな住まいを

こんにちは!パッシブエネルギージャパン株式会社です。

ようやく梅雨が明け、暑さが厳しくなってきましたが いかがお過ごしでしょうか。

梅雨明けは平年より長引き、低温傾向にありましたが、8⽉に⼊って急に暑 くなってきましたので、気温の変化には気を付けたいものです。

今年はステイホームの呼びかけもあり、家でのエアコンの使用頻度も高いため、前回もお伝えしたエアコンと換気の在り方や、快適な住環境について注目が高くなっています。

換気システムは家の温熱環境、空気質、湿度管理、結露防止、カビ対策などの基本性能に関して大切な役割があります。

換気システムの選択が、住む人の健康に直接影響を及ぼすといっても過言ではありません。

​一度取り付た換気システムは簡単には変えられません。

「せせらぎ」は、熱交換効率93%に加え、コントローラーに湿度センサーを内蔵!様々な点で、住む人の健康を考えた換気システムです。

今一度、換気の重要性について、見つめ直してみてはいかがでしょうか。

私の思いが詰まった『せせらぎ』誕生スト-リーもHPに掲載しておりますのでぜひご覧ください。

熱交換換気システムとして特許取得︕常にクリーンな空気を循環!

ダクトレス熱交換換気「せせらぎ®」は、ファンユニットの正転・反転を繰り返す
ことで給気と排気をひとつのファンで切り替えます。


給排気は70秒ごとに⾃動で切り替えられ、排気時に蓄熱エレメントに熱・湿気を預けて給気時にはその熱・湿気を室内に放つという仕組みで室内の温度と湿度を快適な状態にとどまります。

1. 排気
夏は冷房で冷えた室内の空気を蓄熱エレメントに畜えつつ、
汚れた空気を排気します。

2. 給気
夏は外の熱や湿気を含んだ空気が、冷気が、 畜えられた蓄熱エレメントで
快適な温度に交換され、室内に新鮮 な空気が給気されます。

ほかにも「せせらぎ®」はメンテナンス性にも優れており、熱交換素⼦(蓄熱エレメント)だけでなくファンもまるごと水洗い可能!目詰りによる給気量減少を抑制し、圧力損失がなく、安定して新鮮な空気を取り込むことができます。

性能⾯や衛⽣⾯はもちろん、コストパフォーマンスにも優れています。

⼈間は、1⽇に摂取するご飯や⽔などの約10倍近くにあたる20Kgもの「空気」を吸っているそうです。

⼈間が⽣涯⼀番多く⼝にする「空気」。当たり前すぎる存在で⾒過ごしがちですが、だからこそ快適な空気環境が⼤切になると考えています

「せせらぎ®」の快適な湿度の仕組み

せせらぎ®のコントローラー内には湿度センサーが内蔵され ています。このセンサーにより室内の湿度を監視。

快適な 湿度を保つようコントロールするデマンド制御換気を行い、 空気中に含まれた水分を回収して湿度を調整します。

よい住宅にはよい換気を・・「せせらぎ®」で快適にお過ごしください ☆!