省エネ住宅には 熱交換換気「せせらぎ」で決まり!

こんにちは!パッシブエネルギージャパン株式会社です。

初秋の候、いかがお過ごしでしょうか。

9月に入り涼しい日が続きましたが、これから台風シーズンとなりますので、早めの備えが大切ですね。

近年、気候変動や自然災害の増加にも温暖化の影響が見られます。

資源エネルギー庁では一般家庭で取り組める温暖化対策として、住宅そのものを省エネ住宅にすることで大きな効果が得られると発信しています。

省エネ住宅では高気密・高断熱により、少ない暖冷房エネルギーで快適に過ごすことができます。

そして高気密・高断熱だからこそ、より快適に過ごすために計画的な換気が重要であり、同時に適切な換気が可能となります。

高気密・高断熱の省エネ 住宅には優れた換気システムの導入が不可欠なのです!

弊社の「せせらぎ®」は、第一種換気・ダクトレス熱交換換気システムで熱交換効率93%!

空気抵抗の少ないダクトレス構造だから「超」が付くほどの省エネ!

高気密・高断熱の省エネ住宅に、熱交換換気システム「せせらぎ®」を導入して超省エネを実現しませんか?

◆『Gaussfan03』と『ハニカム型(六角)』で熱交換効率93%を発揮!

「HEXAGLOT®」は高性能な酸化セラミックによる多孔質結晶で六角形ハニカム状に成形されています。

急速・高効率で空気中の熱を吸収して蓄熱することができ、熱交換の心臓部と言えるはたらきを担っています。

冷気と暖気を交互に通すと、その空気のほとんどの熱がリカバリーされます。

ハニカム型により表面体積比率が自然界の最大比率になり、空気抵抗も減少

「せせらぎ®HEXAGLOT®」とガウスファン03を組み合わせることで、熱交換効率93%を発揮し、風量80㎥/hが達成されます。

「せせらぎ®」の運転の仕組み

ダクトレス熱交換換気「せせらぎ®」は、ファンユニットの正転・反転を繰り返すことで給気と排気をひとつのファンで切り替えます。

給排気は70秒ごとに自動で切り替えられ、排気時に蓄熱エレメントに熱と湿気を預けます。

夏季には排気時に冷熱を蓄熱材に蓄え、給気時に蓄えた冷熱を放出するという仕組みで、室内の温度と湿度を快適な状態に保ちます

メンテナンス性にも優れており、熱交換素子(蓄熱エレメント)も丸洗いできることから新鮮な空気を取り込む性能面や衛生面はもちろん、コストパフォーマンスにも優れています。

ダクトレス熱交換換気システムとは?

「せせらぎ®」はダクトレスなので、天井裏に太いダクトを配管したり、室内
機を置く機械室を設置する必要がありません。

そのため、⾯倒なダクトの配管⼯事が不要になり、吹抜けなど⾃由な設計が可
になります。

さらに汚れが溜まるダクトがないので奇麗な空気を保てます

ダクト式の換気システムの場合、定期的に清掃のプロに依頼して掃除する必要
がありますが、「せせらぎ®」は、ドライバーなどの⼯具を⼀切使⽤しないで
分解が可能
になっているので、お客様ご⾃⾝で清掃メンテナンスができ、いつ
までも衛⽣的で健康的な⽣活が維持できます。

『せせらぎ®』はダクトレスでありながら第一種熱交換型換気方式

しかも蓄熱方式熱交換効率93%を実現。

快適な室内環境と設計・施工・メンテナンス等、あらゆる面において優れています。

よい住宅にはよい換気を・・「せせらぎ®」で快適にお過ごしください♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中