「せせらぎAQ」+「CO₂センサー」でCO₂濃度を測定・制御

こんにちは!パッシブエネルギージャパン株式会社です。

平年より曇りや⾬の⽇が多い今年の夏ですがお変わりなくお過ごしでしょうか。

ウィルスの濃度は、人が吐く二酸化炭素の濃度が一つの基準となっており、厚生労働省はコロナ対策として、二酸化炭素濃度測定器を使用し、室内の二酸化炭素濃度が1000ppmを超えていないかを確認することも有効としております。

『せせらぎ-AQ』は、コントローラー内部に、空気中を漂う二酸化炭素(CO₂)の濃度を自動測定し、表示・換気制御する、CO₂制御機能を搭載しております。

CO₂制御機能で、二酸化炭素を可視化し、健康的な空間衛生を保ちましょう。

ホームページでも『せせらぎ-AQ』の詳細について掲載しておりますので是非ご覧ください。

住む人の安心と健康を考えて、、
この機会に換気システムを見直してみてはいかがでしょうか。

二酸化炭素(CO₂)濃度を「見える化」

空気中を漂う新型コロナウィルス対策として、二酸化炭素(CO₂)濃度を自動測定し、表示・換気制御する「せせらぎ®-AQ」(AQ=Air Quality)は、CO₂に連動して換気量を増減させるコロナ対策換気システムです。

人が呼吸をすると、CO₂が吐き出されます。CO₂が多いということは、空気が滞留している要換気スポット!

CO₂濃度の低下に伴い、室内空気中のウィルスや細菌の含有量も低下します。

コントローラー「VMPX-AQ」

CO₂の濃度をコントローラー「VMPX-AQ」の色を変えて、お知らせします。

◆自動風量調整モード

CO₂センサー内蔵の集中コントローラーVMPX-AQは、室内の空気のCO₂濃度を検知し、ファンユニットの風量を自動調整します。

空気質が悪い場合は、自動で換気量を増やします。

汚れた空気を早めに室外に出し、クリーンな外気を部屋に取り込みます。

熱交換換気することで、冷房で冷やした空気の涼しさを維持できます。

室内の空気質は集中コントローラーVMPX-AQにより表示されています。

CO₂濃度に連動して換気量を増減することでコロナウィルス対策を行っています。

風量自動調整の仕組み

「せせらぎAQ」の専用コントローラー「VMPX-AQ」にガスセンサーが内蔵され 常に室内のCO2濃度を監視しています。

コントローラー内部のロジック(アルゴリズム)は CO2濃度が上がる傾向をすぐ認識、対策として適切な風量を計算しせせらぎAQの本体に回転数の信号をお送りします。

しばらく時間が立つとCO2濃度が下がっていき、それに合わせて手動に設定されている風量に戻ります。

よい住宅にはよい換気を・・「せせらぎ®-AQ」で快適にお過ごしください☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中